治療効果 根拠4 米国健康政策研究局発表の「成人の急性腰痛に対するガイドライン」 | 腰痛治療器【プロテック】をはじめとした医療機器製造販売メーカー|株式会社メディカ

MEDICA
資料請求はお気軽にお問い合せ下さい!
HOME| 取扱製品 [腰痛治療器] [平衡機能計] [FMTカイロ・ベッド] [頚椎ハーネス]| 会社概要| 関連情報| お問合せ

治療効果 根拠4 米国健康政策研究局発表の「成人の急性腰痛に対するガイドライン」

HOME
取扱製品:PROTEC プロテック
取扱製品:平衡機能計
取扱製品:FMTカイロ・ベッド
取扱製品:頚椎ハーネス
会社概要
関連情報・リンク
HOME >> 腰痛治療器 プロテック(PROTEC) >> 治療効果 10の根拠 >> 治療効果 根拠4 米国健康政策研究局発表の「成人の急性腰痛に対するガイドライン」











治療効果 根拠4 米国健康政策研究局発表の「成人の急性腰痛に対するガイドライン」



米国健康政策研究局発表「成人の急性腰痛に対するガイドライン」

1994年に米国健康政策研究局が発表した「成人の急性腰痛に対するガイドライン」で、

◆「今日、実施されている多くの腰痛治療法には効果がなく、無駄であることが明らかである」
◆「科学的調査の結果により、腰痛治療に効果がある治療方法と、そうでないものを明らかにするべき時期である
   と判断した」
◆「強制牽引、バイオフィ−ドバック、経皮的電気神経刺激(TENS)、鍼、ステロイド及び坑うつ薬の経口投与、
   注射療法、 温熱療法、マッサ−ジ、超音波に関して、有効性を示す科学的根拠はない
◆「脊椎マニピュレ−ションは、症状の改善と機能回復の両方に有効的であり、
   安全に患者を回復させる治療法である

と報告されています。